HySPEED工法

HySPEED工法の適用地盤

最適地盤

粘性土・砂質土で中間層に換算N値3.5~4.0の層があるもの(先端支持力が必要)

競合工法

セメント柱状改良で設計可能なところはHySPEED工法でも設計可能
※鋼管杭との比較でコストメリット大

最適深さ

杭長3メートル前後がコストパフォーマンスは最も高いです。

適用不可地盤

換算N値0~2が8m以上続く軟弱地盤

最適な使い方

支持層が深く中間層に上記の層が有る場合